蒸気機関車ライブカメラ よくある疑問
≪真岡線は全線で平常運行中です。≫ 会社概要 サイトマップ お問い合わせ
もおか号 キップ おみやげ
ホーム → もおか号

真岡のSLたち

→→SL時刻表と運転日カレンダー

→→SL整理券の購入

C11325C12669600
 北の国からSL49671号が、井頭公園にやってきました。栃木県では井頭公園の目玉の一つに、そして鉄 道から姿を消しつつあるSLを、後生の子供たちにる伝えていきたいという思いから、昭和50年から 国鉄を始め全国各地に八方手をつくして蒸気機関車を探しました。そんな努力が実を結び、北海道・札幌 市にあった「9600型」蒸気機関車を国鉄から譲り受けました。

 昭和51年10月末に北海道を出発し、同年11月5日午後9時過ぎに真岡駅に到着し、翌11月6日 午前6時から井頭公園への輸送が始まりました。機関車(重さ75トン)炭水車(重さ15トン)を2つに分けて2台の大型トレーラーに積み替えるの に、80トンのクレーン車2台で慎重に作業され、午前10時の作業終了と同時に駅をスタートしました。

 公園までの8kmを途中3カ所の橋を鋼板で補強しながら、慎重に運ばれました。公園到着は、輸送 作業から7時間後の午後1時過ぎになってしまいました。

 C11型は、昭和7年から昭和20年までに、381両が製造された機関車です。 現在真岡線で運行している機関車は「C11325号」です。この蒸気機関車は、新潟県北部の水原町(現阿賀野市) から真岡市が、平成8年3月に譲り受けました。「C11325号」は、平成9年5月から真岡駅構内で解体作業をして、フレーム ・車輪などを大宮工場で修理し、」平成10年11月には、真岡鐵道で全国の第3セクターによる「ふるさとレールフェスタ」 に併せて完成し、試運転の後運行されました。

車両データ
製造年月日    昭和21年3月28日
全   長     12,650mm
動輪3輪の直径  1,520mm




戻る

 C12型は、昭和7年から昭和22年までに、300両近く製造されました。現在真岡で運行されている機関車は、 「C1266号」です。この蒸気機関車は、平成3年に福島県川俣町で静態保存していたものを、芳賀地区広域行政 事務組合で譲り受け、平成6年3月に運行を開始しました。 これによって24年ぶりに真岡線にSLが復活しました。1年を通じて土・日・祝日にC1266(川俣号)を 運行しています。

このC1266号は、遠野凪子さん主演のNHK連続テレビ小説『すずらん』(平成11年)で使用されました。


車両データ
製造年月日    昭和8年12月
全   長     11,350mm
動輪3輪の直径  1,400mm




戻る

 井頭公園に展示されている9600型蒸気機関車は、国産として大正2年に1号機が誕生して以来、14年間に770両 が製造され、日本の各地を走り回った大正時代の代表的な機関車の一つです。井頭公園に保存のため展示されています。

この9600は横内正さん、日色ともゑさん出演のNHK朝の連続テレビ小説『旅路』(昭和43年)で使用されました。


車両データ
製造年月日    大正9年10月30日
全   長     16,563mm
動輪4輪の直径  1,250mm




戻る