SLもおかの誕生

 旧国鉄時代の真岡線からSLが姿を消してから20年経った1990年。SLの豪快な走りを通じて子どもたちに夢とロマンを与え、また真岡鐵道沿線のイメージアップや地域活性化を目的に、真岡市主導のSL復活プロジェクトがスタートしました。
 1991年には、福島県川俣町で余生を送っていたC1266がその大役のために芳賀地区広域行政事務組合(SL運行協議会)へと譲渡され、1993年に復元工事に着手。同年末には復元が完了し、翌1994年よりSLもおかの運行が始まりました。

C1266の紹介

 SLもおかの牽引機として活躍するC1266は、旧国鉄時代に製造されたC12形蒸気機関車の66号機として1933年に山口県で誕生しました。
 鹿児島や釜石、弘前、上諏訪などで活躍し、1972年に廃車になるまでの総走行距離は172万kmに及びます。約40年という長い現役生活に終止符を打った同機は、福島県川俣町のふもとがわ団地の片隅で静かに休んでいました。
 1991年、SL復活を目指す芳賀地区広域行政事務組合へ譲渡され、1993年に動態復活。『川俣号』と命名され、1994年より真岡鐵道真岡線でSLもおかを牽引しています。

【C1266復元ドキュメンタリー かえってきた汽笛】

この作品は、茨城県下館市と栃木県の茂木町を結ぶ沿線2市5町の真岡鐵道に、昔懐かしい「SL-C12」が復活運行されるまでの始終と、この事業に取り組んだ人たちの悲喜こもごもの奮闘記を、ドキュメンタリータッチで綴った回顧録です。(VHSパッケージ裏面文面より)
【著作制作】真岡市企画
【撮影】映像企画ヴィビット
【ナレーター】俳優 渡辺篤史氏
【題字】元真岡市長 故 菊地恒三郎氏

※この映像は、真岡市、芳賀地区広域行政事務組合、映像企画ヴィビット、株式会社アイティ企画の許可の元、公開しています。無断で複製するほか、放送、上映等での使用を禁止します。
※現在の予定では、この作品は期間限定の公開となる見込みです。

車両データ

 C12形蒸気機関車は、1932年から製造が開始された線路が弱い路線向けの小型機関車です。小さいながらも使い勝手が良く、短編成列車の牽引や構内入れ替え作業など、全国各地で活躍しました。

製造年月1933年11月
全長11.350m
重量50.05t(運転整備時)
最大動輪周馬力505ps
最大運転速度75km/h

季節のC12紹介